おしゃれなパパ と呼ばれたい

休日に奥様、お子様と出かける時に恥ずかしくないファッションをしたい、 授業参観やイベントに自信を持って参加したいと考えている、30代以降のパパさんのためのブログです。旦那様を改造しておしゃれにしたい!という奥様も参考になる情報を載せています。 当ブログはAmazon アソシエイト・プログラムに参加しています。

ブログをはじめて丸2年。 人気の商品 ベスト3を振り返ります。(Amazon アソシエイト)

 2015年9月にブログをはじめて丸2年になりました。

記事数は月数件と多くはありませんが、飽きっぽい性格の

自分がよく続いたな、と思います。

 

今回はこのブログで過去反響のあった記事と商品を振り返ってみたいと思います。

具体的には、Amazonアソシエイトのリンク数が多かったもの、購入数が多かったものをランキング形式でご紹介します。

 

・第3位:グンゼYG カットオフ インナーシャツ

 

2017年1月の記事です。

 

osharepapa.hatenablog.com

 

グンゼのYGシリーズ、SEEKシリーズは、ニット、セーターを着ていても、下に着ていることがわからないので、本当に重宝しています。ワイシャツの下着としても活用できるので、オン・オフ共用できます。 

 

性質上、肌に密着する感じがすることや、化繊入りのため、綿100%の下着に比べ、

見た目がボロボロに見えやすいことが難点です。(耐久性自体は弱くないので、長く着用することはできます。)管理人の感覚としては2シーズン着て、交換、といった感じです。

 

(グンゼ)GUNZE YG COTTON100% ダブルホットシリーズ/  Vネック9分袖シャツ YV0209N 97 ブラック M

(グンゼ)GUNZE YG COTTON100% ダブルホットシリーズ/ Vネック9分袖シャツ

 

 

 

 

・第2位:Lacoste(ラコステ) ポロシャツ

 

定価1万円超の比較的高額なシャツですが、Amazonアソシエイトで複数購入履歴がありました。商品クリック数もかなりの数あり、最初の想定よりも反響があり、ビックリしました。 

osharepapa.hatenablog.com

 

デザインがベーシックで、春夏の旅行・レジャー用としては最適かと思います。管理人も家族旅行の時は必ず持っていきました。

 

襟付きで上品なので、敷居の高そうなお店でも抵抗なく入れます。

家族からもワニのロゴが好評でした。

 

ブログで紹介している、定番のL1212は直営店やセレクトショップではほとんどセール対象にはなりませんが、Amazonでは時折セール販売されるので、購入希望の方は時折チェックされることをおすすめします。

 

 

 

・第1位:ポーター コッピ サコッシュ

 

立ち寄ったお店でふと見かけたショルダーバッグを基に記事を書きましたが、

現在、毎月安定して販売されており、当ブログの運営費を

支えてくれています。!(^^)!

リンクのクリック数もダントツです。

 

osharepapa.hatenablog.com

 

管理人はビームスで購入し、使用しています。

実際に使ってみて気づきましたが、ショルダーバッグは、厚みがあると急に

ダサい印象になります。

 

男性用で、薄手で、必要最低限のものだけ入れて、膨らまず、気軽に持ち運べて、しかも安価というかばんは、現在のところ、これぐらいしか見つかっていません。

 

そこが人気の理由なんだな、と思います。

 

 

 

以上、ブログを振り返っての記事でした。

秋、雨の季節。 パパのための自転車用レインコート/レインウェア。

秋になり、長雨、台風の季節になりました。

この3連休は台風が日本を直撃。

 

自家用車を持っている方はそうではないかもしれませんが、

車がないと、雨の中でも自転車に子供を後ろに乗せて移動しなければ

ならない時があります。

 

今回は自転車用のレインコートを考えてみました。

なお、この記事は日々お子様を自転車に乗せて、幼稚園、保育園の送迎を

している奥様にも参考になるかもしれません。

 

【基本は上下わかれたジャケット・パンツ型。一方ポンチョタイプは

 すぐに脱ぐことができるのが便利。】

 

自転車用のレインコートを考えると、 「ジャケット・パンツ型」と「ポンチョ型」が

あります。上下分離した形と、一体化した形ですね。

 

実体験からすると、自転車には、上下別れた、「ジャケット・パンツ型」が

良いかと思います。自転車に乗っていると全身が雨にさらされるので、体を覆う面積が少ない「ポンチョ型」だと、特に下半身部分が水に濡れやすいです。

(上からの雨の他、水たまりなど、下からも雨水はかかります。)

 

おすすめは日本のアウトドアメーカー「モンベル」の

「サンダーパスジャケット・パンツ」です。

 

 

 

 

 

 

 上下で合計数万円かかることも良くある、アウトドア用のレインウェアですが、この商品は上下合わせても1万円余りで購入可能。

 

アウトドア用にありがちな派手な色だけでなく、街での使用に向いている地味な色も

そろっていますので、近くにモンベルのお店があれば、ぜひ試着してみてください。

サイズも豊富にそろっています。

(個人的には同じサイズでも、裾の長さが異なる商品をそろえているところが、

 細かな配慮をしているなーと感心しました。)

 

www.montbell.jp

 

 

 おしゃれなイメージのレインウェアがよいのであれば、デンマークのブランド「Rains」こちらは男女共用サイズです。ただし、このブランドはレインパンツが販売されていないので、別途別メーカーのレインパンツを流用するなどの対処が必要です。

 

管理人は上はRainsのウェア、下はモンベルのレインパンツで対応しています。

 

 ジャケット・パンツ型のデメリットとしては、通気性が問題になる(=中の服が湿りやすい)ので、雨に濡れていなくても、体が冷えやすいです。

 

高性能なレインウェア(大概は高価)だと通気性も良いので、軽減はできますが、冷えを100%防ぐことはできないので、中に着る服は綿100%のものは極力避け、速乾性のある化繊入りの服を着用するのがおすすめです。

 

 

一方、ポンチョタイプは下半身までカバーしきれない、自転車の部品にひっかかる、

等のデメリットがありますが、脱いだり着たりが楽、通気性が良い。

 

実際に幼稚園、保育園の送迎をしたことのある人ならわかると思いますが、

園内に入るにはレインウェアを脱ぐ必要があるので、「すぐに脱げる」

レインウェアは意外と重要です。

 

ジャケットとパンツを別々に乾かさなくても、一回で済むので、そのあたりを

重視したい場合はポンチョ型を選択すると良いでしょう。