読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おしゃれなパパ と呼ばれたい

休日にお気に入りのカジュアルスタイルで奥様、お子様と出かけたい。 授業参観やイベントに自信を持って参加したいと考えている、30代以降のパパさんのためのブログです。

スポーツジムのウェアは ナイキ「NIKE」がおすすめ(ジム用シューズ編)

(2017.4.22 ダウンシフター7を追記しました。)

前回の続きです。
ナイキのジム用のスニーカーで選択の候補に入ったのは、
以下の3点でした。

 

1.ナイキ フリーラン(価格:12,000円程度)

足が合えば、これが一番おすすめ。ソールが縦横に切れ目が入っており、
縦方向の動き(ランニング)に限らず、横方向の動き(ダンス等のトレーニング)にも
対応してくれる。ただし、他の靴に比べ、甲が細いため、履く人を選ぶ靴ではあります。

 

 

 

足の裏のソール部分はこうなっています。

切れ目が入っていると、足がスムーズに動かせます。

f:id:osharepapa:20161106183338j:plain

 


2.ナイキ エアズームストラクチャー(価格:12,000円程度)

ランニングシューズは高価なものでも、ランニングに特化した物が多く、
ソールが薄い(=耐久性が少ない、クッションが少ない)等、足に負担がかかってしまい、
ジム用トレーニングには適さない場合があります。
この靴は、ランニングシューズではありますが、他のランニング専用シューズよりソールの厚さがあり、
ランニング以外のトレーニングでも使用しやすい靴です。デザインも良いです。

 

 

 

足の裏のソール部分はこんな感じ。

f:id:osharepapa:20161106183441j:plain

 

ナイキの直営Webでセールしていることもあるので、最寄りのスポーツ店で試着、サイズを確認してから、
直営Webで注文する方法もあります。

 

store.nike.com

 


3.ナイキ ダウンシフター(価格:4,500円程度)

ナイキで最も安価なランニングシューズ。直営 Webで販売されておらず、イオン等の量販店で販売されています。
デザインがべーシックなため、ジムでもこの靴を履いている人は多いです。

ソールに切れ目が入っておらず、靴としての性能はそれほど高くない半面、
ナイキの靴の中では甲がかなり広めのため、ナイキの他の靴が合わない人でも、履ける人が多いです。

 

 

 

f:id:osharepapa:20161106183557j:plain

 

 

2017年4月現在、最寄りのイオンで最新版のダウンシフター7が販売されていました。

 

 

 

 

f:id:osharepapa:20170422015817j:plain

 

ダウンシフター6に比べ、デザインが良くなっているように思います。

 

f:id:osharepapa:20170422015851j:plain

 

ソールの形も改良されています。エアズームストラクチャーのソールの

形に近くなりました。

 

相変わらず手頃な価格で手に入りますので、初めてジムに行く方にはおすすめです。

 


管理人は、結局ナイキの足に合う靴がなく、泣く泣く他メーカー(ニューバランス)の靴を選択しました。

靴は実際に履いてみないと本当に感触がわからないので、
この記事を参考にしてみてください。